ドルチェグストの故障について

以前に紹介したネスレのドルチェグストですが、先日いつものように飲もうとしたら壊れていて使えませんでした。正直な話、毎朝眠い身体を起こすのにドルチェグストでいれたチョコチーノを活用していたのですが、糖分補給もできず、血圧も上がらず、つらい朝が続いています。

なんでドルチェグストが壊れたのか調べました。まず、お湯を抽出するにも、水をだすのにもレバーを左右どちらかに倒すのですが、倒しても一切タンクから水を吸い込まないのです。おそらく、動かない原因はポンプだと思います。

確信がないのでネスレ公式サイトから問い合わせしてみました。「よくある質問」を見ても解決しない旨をチャットで聞いてみたら、まさかの自動応答(笑)なんのためのチャットなんだよ!それでチャットにYES or NOの選択肢で故障の原因と解決策を教えてくれました。チャット曰く、「ポンプの乾燥」らしいので、1日水をタンクに入れっぱなしにて放置すれば直るらしいです。

期待して1日我慢しましたが、ドルチェグストは直りませんでした。経年劣化による故障なのか、とりあえずポンプ周りがおかしいのだと思います。水が一切減っていませんからね。これで修理に出してしばらくコーヒーを飲めない日々が続きそうです。

ネスレドルチェグストのカプセル詰め合わせを頼んでみました

今までカフェオレを作るときは普通にブラックコーヒーを作った後にミルクを混ぜていました。でもミルクも温めないといけないし、二度手間なんですよね。そこで以前書いた「ネスレのコーヒーメーカーはお手軽でうまい」の記事でも紹介したドルチェグストのカプセルの詰め合わせを購入しました。

この詰め合わせは正確には「バラエティカプセルセット」と言います。入っているカプセルは全部で12種類です。カプセルは全部で20個入っていますが、2個で1回分のコーヒーもあります。モカブレンド、カフェオレ、リッチブレンド、アイスコーヒー、エスプレッソインテンテ、レギューラブレンド、エスプレッソインテンテ、カプチーノ、チョコチーノ、カフェオレインテンソが入っています。

このセットのメリットは色々な味を楽しめることです。ドルチェグストのカプセルはそもそも15種類くらいありますが、1箱で800円くらいあるので、全種類飼うには1万円以上かかります。どれも美味しいと言えば美味しいですが、気に入るかどうかは別問題です。お金を無駄にせずまずはちょっと試しのみしたい人にこのセットはおすすめです。

ちなみに私が気に入ったのはチョコチーノですね。大人でも楽しめますが、たぶん子供ならば大喜びすると思います。とにかく甘くておいしいです。ただこれは2個で1回分で1杯あたりは200円弱します。少々お値段はりますが、スターバックスなどに比べたら安いものです。

使い方も簡単ですぐにつくれるので、急な来客にも対応できるのがドルチェグストのいいところです。ぜひ皆さんもお試しあれ!

コーヒーメーカーは象印かタイガーどちらが優秀か

皆さんは子供のころに遠足で魔法瓶をもって言った記憶はありませんか?大人になるとペットボトルで済ませますが、最近はお弁当関連グッズが人気になってきたことに伴い、魔法瓶も再度注目を浴びるようになりました。

さて、魔法瓶と言えば象印かタイガーですね。実はこの二つのメーカーはともに大阪で生まれた企業で、コーヒーメーカーの老舗ブランドでもあります。魔法瓶開発で培った技術をコーヒーメーカー保温機能に応用しているのです。

象印では珈琲通シリーズが人気で浄水機能があるシンプルタイプが売れ筋です。これといって特徴はありませんが低価格でコストパフォーマンスが良いのが評判です。

タイガー魔法瓶では「コーヒーメーカー」が人気です。そのまんまの商品名です。ただ3種類の飲み方を楽しむことができ、真空ステンレスサーバーによる長時間の保温機能が凄いんですよ。値段的には象印よりも高くなりますが、性能的にはその価格に見合う価値があります。

まぁ結論としては優秀なのはタイガー魔法瓶ですが、コスパ的には象印もおすすめです。いづれにしてもどんな豆を使い、どのように飲むかでコーヒーの優劣はきまることは変わりません。機械だよりではなく、正しいコーヒーの淹れ方、豆の選び方も学んで、自分ならではのコーヒーの楽しみ方を身につけましょう。

今人気のカプセル式か、豆か、粉か

もしあなたがコーヒーを自宅で飲みたかったら、選択肢は4つあります。まずスーパーやコンビニ、自動販売機でコーヒーを買うことです。もっともこの選択肢は当サイトのコンセプトに合わないので言及はしません。

重要な選択肢は、コーヒーメーカーを使用する場合の話です。まず第一に今最も人気が高いカプセル式のコーヒーメーカーです。カプセル式とは、カプセルの中にコーヒーの粉が入っており、そこにお湯を通すことで抽出するものです。例えばすでにネスレのコーヒーメーカーの記事で紹介したドルチェグストやアンバサダーなどが挙げられます。これらのタイプのメリットは最も簡単に様々な種類のコーヒーを楽しむことが来出ることです。

第二に、コーヒーミルで豆を挽き、粉にして抽出する方法です。この方法のメリットは、自分好みの豆を自由に選ぶことができ、自分好みの粉にすることが可能な点です。しかしミルと抽出する機械それぞれを用意する必要があるのである程度お金が必要です。

第三に、インスタントコーヒーです。これは自分でお湯を沸かしてマグカップのふちにつけてお湯を垂らしていく方法です。もっともシンプルでありますが、もっとも低価格で済むのがメリットです。ただ味には期待しないでください。

どんな方法で飲むにしても大事なことは「自分がコーヒーに何を求めているかを考える」ことです。コーヒーはどんな嗜好品よりも奥が深い飲み物です。味を追求すれば奥は見えません。ただカフェインを取りたいだけならより取り見取りです。あなたのコーヒーライフはあなた次第でどうにでもなることを覚えておきましょう。

古風なデザインに定評があるカリタのコーヒーミル

一言でコーヒーメーカーと言っても、単純にインスタントコーヒーを抽出するものから、機械仕掛けの全自動マシンまで色々あります。ただ広い意味ではコーヒー豆を粉砕する器具、いわゆるコーヒーミル(グラインダー)もコーヒーメーカーの一種です。

もしあなたがコーヒーショップでお気に入りの味を見つけたら、店員に「このコーヒーはどこの豆を使っているのか?」と聞くべきでしょう。味付けはともかく、コーヒー豆さえ手に入れば自宅で同じ味を再現できます。

しかしコーヒー豆を砕くのは大変なことです。そこで役立つのがカリタのコーヒーミルです。カリタは昔からコーヒー関連器具を製造・販売している会社で、少し古風(クラシック)なデザインながらも、使い心地の良さと安定した品質で人気が高いブランドです。

カリタでは業務用コーヒーメーカーも販売していますが、家庭用に小型化した商品も用意しています。特におすすめは「ナイスカットG」です。これは耐久性に強いカット刃を使うことで豆への過熱を最低限に抑えています。豆を粉砕する際に熱を加えてしまうと品質が劣化してしまいますが、短時間で好みの細かさに粉砕することが可能です。

コーヒーミルとしてはかなり高い部類の商品(約2万円もする代物)ですが、これ一台で新鮮なコーヒーをいつでも飲むことが可能です。デザインもお洒落なので家庭に一台あれば上流家庭の仲間入りです。

 

ネスレのコーヒーメーカーはお手軽でうまい

もしあなたが自宅で手軽に美味しいコーヒーを飲みたいと思っているならば、ネスレのコーヒーメーカーがおすすめです。

私がネスレコーヒーメーカーをおすすめする理由は2つあります。

第一に豊富な種類が用意されているからです。おそらく皆さんはコーヒーを飲もうと思ったらミルクや砂糖、キャラメルなど味を調整する混ぜ物を用意して自分でオリジナルのコーヒーを飲んでいるでしょう。しかしネスレではエスプレッソやカフェオレ、抹茶など既に完成した味を楽しむことができます。皆さんがスターバックスに長時間並んで高額な料金を支払う間に、自宅で快適に最高のコーヒーを飲むことができるのです。

第二に簡単に作れるからです。ネスレのドルチェグストではカプセル式を採用しており、カプセルをセットしてレバーを押すだけで全部自動で抽出してくれます。コーヒーを飲むための手間を大幅に削減して、「コーヒーを飲む」ことだけをすればいいのです!

コーヒーメーカーの中ではドルチェグストが一番人気ですが、ゴールドブレンドバリスタも人気です。それぞれ何種類かありますが、自分がどこまでコーヒーを楽しみたいかで機能を選択して商品を決めましょう。専用カプセルもたくさん種類がありますが、定期便に申し込むと割引があります。本体価格が実質無料になるプランもあるので、気に入ったら定期便にするのが良いでしょう。

これであなたのコーヒーライフは格段に向上するはずです。