古風なデザインに定評があるカリタのコーヒーミル

一言でコーヒーメーカーと言っても、単純にインスタントコーヒーを抽出するものから、機械仕掛けの全自動マシンまで色々あります。ただ広い意味ではコーヒー豆を粉砕する器具、いわゆるコーヒーミル(グラインダー)もコーヒーメーカーの一種です。

もしあなたがコーヒーショップでお気に入りの味を見つけたら、店員に「このコーヒーはどこの豆を使っているのか?」と聞くべきでしょう。味付けはともかく、コーヒー豆さえ手に入れば自宅で同じ味を再現できます。

しかしコーヒー豆を砕くのは大変なことです。そこで役立つのがカリタのコーヒーミルです。カリタは昔からコーヒー関連器具を製造・販売している会社で、少し古風(クラシック)なデザインながらも、使い心地の良さと安定した品質で人気が高いブランドです。

カリタでは業務用コーヒーメーカーも販売していますが、家庭用に小型化した商品も用意しています。特におすすめは「ナイスカットG」です。これは耐久性に強いカット刃を使うことで豆への過熱を最低限に抑えています。豆を粉砕する際に熱を加えてしまうと品質が劣化してしまいますが、短時間で好みの細かさに粉砕することが可能です。

コーヒーミルとしてはかなり高い部類の商品(約2万円もする代物)ですが、これ一台で新鮮なコーヒーをいつでも飲むことが可能です。デザインもお洒落なので家庭に一台あれば上流家庭の仲間入りです。