ミルの良し悪しは「刃」で決まる

コーヒーにはまった人の中でも、より重度になると自分で豆を購入するようになります。ちょっと興味本位で豆を買う人もいれば、「自分で挽いた豆以外は飲めない!」というような玄人の方もいます。

コーヒーメーカーによっては豆の粉砕から抽出まで全自動で行ってくれるものもありますが、こだわるならばミル(グラインダー)を買うべきです。ミルはコーヒー豆を粉状に粉砕する道具の名称です。一般の人にはピンとこないかもしれませんが、コーヒー通ならば熱い議論を交わせるほど重要な道具です。

ミルにも手動や電動があります。手動なら自分の力加減で挽き具合を調節できます。電動の場合は高級品ならボタン等で粗挽き・中挽き・細挽き等を選択でいます。

ただ、結局のところ、挽いた豆の良し悪しは刃で決まります。豆は非常に硬いので鋭い刃でないと綺麗に粉砕できません。また、刃の形状も重要です。それはミルが回る時に、同じ場所の豆を延々と引いていては端っこの豆を粉砕できません。結果として粉の大きさがバラバラになり、風味が雑になってしまうのです。またできるだけ熱が豆に伝わると品質が変化してしまうことも多いです。

コーヒーメーカーに様々な種類があるように、ミル(グラインダー)も様々です。コーヒーは奥が深く、そして味わいも深いのです。