コーヒーメーカーは象印かタイガーどちらが優秀か

皆さんは子供のころに遠足で魔法瓶をもって言った記憶はありませんか?大人になるとペットボトルで済ませますが、最近はお弁当関連グッズが人気になってきたことに伴い、魔法瓶も再度注目を浴びるようになりました。

さて、魔法瓶と言えば象印かタイガーですね。実はこの二つのメーカーはともに大阪で生まれた企業で、コーヒーメーカーの老舗ブランドでもあります。魔法瓶開発で培った技術をコーヒーメーカー保温機能に応用しているのです。

象印では珈琲通シリーズが人気で浄水機能があるシンプルタイプが売れ筋です。これといって特徴はありませんが低価格でコストパフォーマンスが良いのが評判です。

タイガー魔法瓶では「コーヒーメーカー」が人気です。そのまんまの商品名です。ただ3種類の飲み方を楽しむことができ、真空ステンレスサーバーによる長時間の保温機能が凄いんですよ。値段的には象印よりも高くなりますが、性能的にはその価格に見合う価値があります。

まぁ結論としては優秀なのはタイガー魔法瓶ですが、コスパ的には象印もおすすめです。いづれにしてもどんな豆を使い、どのように飲むかでコーヒーの優劣はきまることは変わりません。機械だよりではなく、正しいコーヒーの淹れ方、豆の選び方も学んで、自分ならではのコーヒーの楽しみ方を身につけましょう。